Date

恋の逆転満塁ホームラン

負けっぱなしだった恋愛で最後逆転満塁ホームランを打っていい相手を見つける!
Breast Cancer Ribbon

30代の女性・人妻


DJ146_L夫は仕事もとても忙しくて、朝家を出た後は、夜中まで帰ってこないので、一緒にいる時間も無くここ何年かはエッチもしていないので、私は欲求不満に
なるばかりでした。また子供達が中学生になり世話もそんなにしなくていいので、日中は時間がありその時は性欲の解消の為に毎日
オナニーをしていました。しかしなんかとても虚しくなりました。
その様な時にネットによってこの逆援助を知って、お金を支払えばエッチもしてくれるので、夫に秘密で貯金をしていました。
逆援助サイトによって出会った男性は、営業の仕事をしていたので、暇があればエッチをしていましたが、若いせいかとても性欲もあり、私はいつも
快楽を感じていました。
そして相手の男性達は、お金よりかはエッチを好んでいたので、私が彼に対して支払う金額は1回あたり5千円だったし、また車内でのエッチも多かったので
そんなにお金も要りませんでした。また彼とのエッチにも夢中になり、それにより夫とのエッチも必要なくなり、特に不満に陥る事も無く、エッチ以外によっては夫婦円満にもなれました。また逆援助を行っている彼は、徐々にエッチも上手くなり、私は彼の存在なしに生きられないと感じていました。また彼も
エッチや愛撫がいいよと言ってくれています。この話が30代の主婦の私の体験談になります。

Comments are closed.